いつの時代も平行線!?男の本能と女の持つ見解の違いとは

ある海外で男と女の本能的な違いについて学ぶ研究が行われおもしろい結果が出ていました。その一つは男女がそれぞれ別々にジーンズを買いにショッピングに出かけるというもの。所要時間も使う購入金額も定められていません。 そして出された結果はというと、男が買い物にかけた時間はたったの8分、使った予算は4000円だったそうですが、女性の方はというとかかった時間は3時間46分、購入した金額はなんと8万円。

もうひとつの男と女の本能的な違いを見つける実験は、あるテーマパーク内の洞窟に男女が別々に入園。 出てきた男はたっぷりと中を楽しんで帰ってきたときには3時間24分も時間が過ぎていましたが、なんと女性はたったの3分足らずで出てきてしまっていたのです。

おわかりでしょう?この男女の違い。ファッションやコスメなど自分の身だしなみなどに興味を持つ女は、探求心や好奇心でアクティブに動きまわる男の嗜好には全く興味を示しませんでした。 何度もここで話しているアウトドアのシーバスをターゲットにしたルアーフィッシングでも、小遣いの少ないサラリーマンがなけなしのお金をはたいて決して安くもないルアーやロッドを買い揃え毎週のように釣りに出かけては常日頃はそれらタックルを見かけてはうっとり…(笑)

そんな旦那を見て女である妻は不思議で仕方がないだろう。けれどこうした男女の本能的な違いは決して避けては通れない生まれながらに持った問題でありそれらを上手に理解して向き合っていかなければいけない。

人生の大半を過ごす夫婦などは大事なことである。自分がある程度歩み寄り我慢する姿勢がなければ相手が自分に歩み寄って歩調を合わせることは大人の男女の関係において非常に大切なことだと思う。